おしゃれな部屋

注文住宅の図面のチェックを細かくしよう

シックな部屋

大抵の方が初めての経験で、図面を見てもよく分からないのでデザイナーさんや建築士さんにお任せしますと言いたくなると思います。実際に私たち家族もそうでした。インテリアやエクステリアはある程度のイメージができたので理想的なものになりました。しかし、実際に生活が始まると細かいところが気になり始めました。しかし、完成してから気づいても遅いのです。
確認を怠っていた部分は、照明スイッチの位置とインターホンの応答場所でした。照明スイッチは各部屋にありますが、位置が入り口から20センチのところに設置してあり以前住んでいたマンションでは10センチだったため、暗い部屋の電気を点けたいときに必ず場所を手探りしないといけませんでした。3年経った今でも何度も壁を叩いています(汗)
インターホンはリビングの一番奥の壁に設置されているため、ピンポーンと鳴ったあと小走りしないといけない始末です。住み始めてまさか…という思いでした。
図面はもちろん経験のある建築士さんにお願いしていました。でもやっぱり最終確認は自分自身の責任です。完成してしまってからでは遅いのです。
これから注文住宅を建てられる方は他の方の失敗例、成功例など参考に後悔のないお家にしてください。

choices