おしゃれな部屋

塩尻市の注文住宅を建てる前に考えてみましょう

塩尻市の注文住宅というと皆さんはどんな家を想像されていますか?こんな風がいいな。あんな風がいいな。とあれこれ将来の自分の家を想像して下さい。そうそう、それが実現できるのが塩尻市の注文住宅です。
想像だけではなかなか思いつかない方は、塩尻市にあるいくつかのハウスメーカーの家が見学できる住宅展示場に行かれることをおすすめします。せっかくの注文住宅なので、デザインや機能どちらも自分の好みをとりいれたいものです。ついつい外観や家の中にある家具に目移りしてしまって帰ってくると素敵だったねぇ~で終わってしまうことも…。
展示場の好みの雰囲気が漂う家がみつかったら、そこからスタート!自分の家に帰ってきたつもりで入って動いてみてください。女性だったら夕飯の買い物をして重たい荷物を持ち帰ることなんてこともあります。ガレージからすぐキッチンに続く扉があったら最高!とか、子供がかえってきたらすぐ自分の部屋にはいってしまうのではなく、リビングを通って顔をあわせることができるとか。
とにかく生活することを考えてみてください。家に帰ってから寝るまでの一連の流れをしてみると、自分たちがこうしたい家が見えてくるかもしれません。動線をよく考えて作られている家が今は多いので参考になると思います。
自分たちの家にもこういう工夫をしよう!というものが見つかるといいですね。

塩尻市で立ち退きからの注文住宅

実家は40年前に土地を購入した祖父が、塩尻市にある知人の工務店に依頼し注文住宅を建てそれを息子の父が譲り受けました。塩尻市のその辺りは建売住宅が多かった為、塩尻市の注文住宅は珍しかったため目立っていました。壁の色もホワイト一色の中にある建売住宅の街並から、一軒だけ英国風にしたツートーンカラーでレンガを使った家で、目印にもなりました。そんな家のど真ん中を通るという公道計画が持ち上がったのです。役所の方の説明によると、実家を手放し立ち退きをした場合は、公道から5メートル離れた場所に新しい家を建ててくれるとのことでした。
立ち退きを承諾した場合は、立ち退き料を含め80パーセントの新築住宅代を役所側、つまり国で支払ってくれるとのことで、築40年経っている実家はリフォームをしなければならないと考えていたので、家族全員が立ち退きに賛成し、新たに住宅を建てることにしました。せっかく新しい住宅を建てるに辺り、家族の意見を取り入れてもらう注文住宅にしました。
土地は以前より広がり、家族5人が生活スタイルに合った間取りの希望を出しました。子供達は、それぞれの部屋を与え、夫婦は各々趣味に没頭できる狭いながらも書斎、たまに行うホームパーティの為のリビングダイニングスペースに、足腰が弱ってきた時の為のバリヤフリー仕様は、バストイレキッチンの要所に取り付けてもらいました。一から注文をする注文住宅は希望通りに建ててもらえて幸せでした。

塩尻市の注文住宅作り

私の塩尻市の注文住宅は今年の3月に完成しました。塩尻市の注文住宅店に注文して作ってもらいました。だいたい去年の夏位から相談し始めました。他の業者も3軒ほどまわってみましたが、塩尻市のところが1番ピンときました。まず、営業担当の方がしっかりと話を聞いてくれる方でした。どのような家がいいか、どこに住みたいか、どの位で作れるかを相談して、自分の意見ばかりでなくこちらの意見を重視してもらえました。他の会社は自分達の意見ばかりで、無理やり住みたくもないところに建売が建っているからそこはどうだとか、全く人の話を聞かない営業の人もいました。決めた注文住宅の営業の担当の人は私達がわからないで違う方向に話をずらしてしまったりすると、それは違いますとかわからないことは1からきちんと説明してくれました。なので話合いもスムーズにいきました。ローンの事や保険のわかりづらい話も丁寧に説明してくれました。家を建て始めてからもスムーズに事が運び問題なく家を建てていきました。
家を買うときはやはり色々な注文住宅店をみてまわったほうがいいと思います。デザインや家の機能も大事ですが、関わってくるスタッフの信頼関係も大事になってくると思います。両方が良好ならそれが1番あった注文住宅選びになってくるのではないかと思います。


注文住宅に住むということに憧れのある方は、塩尻市で注文住宅を購入するのはいかがでしょうか。塩尻市はいま注目されているエリアなので、そこで注文住宅を購入すればかなりの満足感を得ることになるでしょう。注文住宅なら自分の納得いくデザインをもった家に住むことになるので、より快適な毎日を過ごすことつながりますよ。

choices